業務効率を向上させるプリンター選びとは

便利な再生トナー

okiの運用コストを半減させるリサイクルトナー

okiといえばレーザープリンタなど業務用プリンタのメーカーです。 本格的なプリンタであるが故に、そのプリンタを運用する上で膨大なコストが発生することになります。 紙に印刷するために必須のトナーだけでも、大量に印刷することで消耗し、定期的に取り替えなければなりません。 そして、そのトナーをokiのメーカー純正品で購入してしまうから運用コストが膨れあがってしまうのです。 もしその純正トナーをリサイクルトナーで代用すれば、一気に運用コストは半減させることができます。 実際の純正品の価格よりもリサイクルトナーの価格は半分どころか三分の一程度というものもあります。 そんなリサイクルトナーを使うことで高性能なokiの業務プリンターをリーズナブルに運用することができるようになるのです。

純正トナーではコストがかかりすぎた業務プリンタ

かつて大量に書類を印刷できるプリンタが実際の企業に導入された初期の時代は、交換するトナーは純正品が当たり前でした。 プリンタや印刷機を導入した企業は高価な純正品しか購入できないので、印刷物の数を厳正に管理することで少しでも運用コストを下げようと躍起になっていたものです。 しかしそれも、純正トナーの代用品となれるリサイクルトナーが登場したことで一変しました。 ただ、安くて品質も良いリサイクルトナーが手に入るようになったのはごく最近のことです。 リサイクルトナーが出回った最初の時期は、質の悪いものも多く、使用するとプリンタの寿命が縮まってしまうというリスクもありました。 しかし、最近ではokiのプリンタであっても、純正品とほとんど品質の変わらないリサイクルトナーが簡単に手に入るようになり、そのような懸念も不要な時代となっているのです。

Copyright© 2015 適切なOA機器を導入することによって業務効率を向上させよう All Rights Reserved.